ようこそ野鳥達!

野鳥が活動を始める早朝、野鳥観察会が始まった。

f:id:raramikan:20191220215016j:image

 

渡り鳥の越冬地、大保ダムの野鳥観察池

f:id:raramikan:20191220232706j:image

 

カモ科では国内で最も小さい「ナンキンオシ」が沖縄で初めて確認されたので、観察へ
f:id:raramikan:20191221200056j:image

 

今年、大保ダムには越冬のカモが200羽以上

こんなに多くいるのは珍しいそう。
f:id:raramikan:20191220232729j:image

カルガモオオバンオナガガモ・・・

ユーラシア大陸など北方から11月ごろ渡ってきて、翌年3月ごろまでやんばるで過ごします。

はるばる命懸けで渡ってきた鳥達。ゆっくり羽を休めて。

鳥の写真 は、沖縄タイムスの記事から。

私が撮ると、鳥の写真が

f:id:raramikan:20191221201132j:image

自然と同化し過ぎて、わからない・・

大きく美しいアオサギです。

 

それから海へ移動して、海辺の野鳥を観察。

砂浜にしか見えなかったのが、
f:id:raramikan:20191220232723j:image

良く見ると、小さなシロチドリがいっぱいいました。ハマシギメダイチドリ

気持ち良く日向ぼっこ中

f:id:raramikan:20191221203920j:image

〈写真 沖縄の野鳥〉

 

沖縄に、こんなにも沢山の野鳥がいる事を、野鳥観察会で初めて知った。
f:id:raramikan:20191220232702j:image

沖縄で記録されている鳥類の大半は渡り鳥。

沖縄は小さな島が飛び石に連なっているため、安全に渡るルートになっているからです。

 

また、沖縄にいる鳥(留鳥)も、ヤンバルクイナノグチゲラなど、世界中で沖縄にしかすんでいない、固有の野鳥がいます。

 

 素晴らしい鳥達が近くにいるのに、目に入らなかったし、気がつかなかった。

知識というメガネをかけると、色んな事が見えてくるんだな、と思った。

 

そして、私達は色々な生き物と、この場所で共存して生きているんだなーとわかる。

 

 

朝4時に起きて出掛けたヤンバルも、そろそろお昼を過ぎた。

帰りはいつものファマーズマーケットに寄って帰った。
f:id:raramikan:20191220232718j:image

「おつとめ品」の、2個で93円の柿と洋梨

帰ってからさっそく食べた。疲れた身体には、甘くて凄く美味しかった。
f:id:raramikan:20191220232713j:image

お芋は初挑戦の「名護まさり」

f:id:raramikan:20191221205421j:image

さっぱした甘さでした。

 

楽しく、勉強になった1日だった。

また、野鳥達に会いに行こうと思う。

 

・大保ダム 

https://raramikan.hatenablog.com/entry/2019/04/01/194434?_ga=2.164995583.1922807299.1577193706-1980887107.1558438430

 

・野鳥観察会

 https://raramikan.hatenablog.com/entry/2019/04/01/194458?_ga=2.106931395.1922807299.1577193706-1980887107.1558438430